会社分割

会社分割は、一つの会社の一部の事業などを別会社化したり、他の会社に引き受けて
もらうための会社法上の手続きです。
事業譲渡と異なり、債権者の個別の承認がなくとも債務を移転することが可能です。
また、分割した会社は自社が株を持つだけでなく、分割会社の株を自社の株主に割り
当てたり、他社に譲渡することもできます(他社に吸収してもらうこともできま
す)。
これによって、会社全体としては不調だが特定の事業は好調な場合、その事業だけを
存続させることができます。

・債権者との関係での注意事項
一方、債権者に対しては原則として通知が必要です。そして、分割により債務を移す
場合には、分割に異議を述べた債権者に弁済や担保の提供をすることも原則として必
要となります。
また、債権者にとって著しく不利な分割をした場合、分割前と分割後の双方の会社に
対して債務の弁済等を請求をすることが可能となる法改正がされています。

・株主等との関係での注意事項
また、会社分割には分割計画を作り、株主総会において承認をしてもらう必要があり
ますので、スケジュールをしっかり立てることも重要です。