事前面接,個人情報の保護

 派遣先が事前面接や個人情報の記載された履歴書を提供することにより,派遣労働者の選別をする例が横行しています。

 しかし,労働者の先行は,雇用主である派遣元の責任で行うものであり,雇用関係にない派遣先が行うことは,紹介予定派遣の場合を除いて,労働者派遣法26条7項に違反します。

 また,派遣業務の遂行と直接関係しない労働者の個人情報について,派遣先や派遣元が労働者に開示を求めたり,派遣元が派遣先に開示したりすることは,労働者のプライバシー侵害という点からも問題があります。