派遣の仕組み

 派遣とは,「自己の雇用する労働者を,当該雇用関係の下に,かつ,他人の指揮命令を受けて,当該他人のために労働に従事させることをいい,当該他人に対し当該労働者を当該他人に雇用させることを約してするものを含まない」(労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律2条1号)とされています。

 労働者,派遣元,派遣先の三者は,それぞれ,労働者と派遣元の間は雇用関係,労働者と派遣先との間は使用関係(指揮命令を受けて労務を提供する関係),派遣元と派遣先とは労働者派遣契約で結ばれる関係に立ちます。

 派遣労働には,労働者を「雇用する者」と,「使用する者」が異なるという問題があり,雇用責任が不明瞭となりがちです。