リスケジュール交渉

企業にとって、債務の弁済期を先延ばしにしてもらえたり利息等を軽減してもらえさ
えすれば事業を継続できるということは、しばしばあります。
このような任意の交渉によりやりくりをしていけるならば、破産や民事再生を申し立
てるよりも安上がりですし、裁判所の管理下に入ることもありません。
債務のリスケジューリングを行なうためには、将来的な事業計画や返済計画を債権者
に示しつつ、複数の債権者との信頼関係を構築しながら手続を進める必要がありま
す。
リスケジュール交渉につきましても、弁護士に相談されるのが一番です。