民事再生申立(企業)

民事再生は、裁判所の監督の元で企業が自ら再建の計画を立て、それを実行していく
という企業の継続を前提とした手続きです。
この手続きのメリットは、企業の経営者が自ら事業を運営しながら、事業再生のため
の措置(債務軽減など)をとることができる点です。
企業の経営者は再生計画を作成し(この中では、別の会社にスポンサーとなってもら
うことも考えられます)、事業継続と両立しながら、どこまで債務を弁済できるのか
を示します。
そして、債権者集会で計画について過半数の賛成を得れば、裁判所の許可により債務
を大幅に(例:8割)軽減することも可能です。
さらに、裁判所の命令により債権者の取立てをストップさせることもできます。
ただ、再生計画が債権者にとって納得の行くものでなければ、結局再生計画が認可を
されることはできません。
また、あくまで事業再生のための手続きですので、その見込みがなければ(黒字化が
困難である場合など)進めるのが難しいこともあります。
民事再生の申立は、なるべく早目に、できれば企業の余力がまだあるうちに、ご相談
下さい。