株主・役員との間のトラブル対応

企業を運営していく上では、株主や役員との意見の対立や調整は避けがたい問題です。株主は、株主総会での議決権を持つというだけでなく、会社に変わって経営者・役員の責任追及の裁判をすることもできます。そのため、株主とのトラブルは軽視することができません。

また、会社の役員には会社の方針決定についてさまざまな権限が与えられています。しかし、重要な事項の多くは株主総会や取締役会を経なければできません。一方、役員は会社の業務執行に辺り忠実義務などさまざまな義務を負っています。そのため、役員の軽率な判断を放置したり、安易に報酬や企業のサービスで優遇したりすることは、場合によっては会社や経営者個人への責任追及につながり、損失となりかねません。

株主総会対応や役員とのトラブルを処理する上では、会社法や関連法令の知識および訴訟紛争の実体を知る弁護士に相談することが有益といえます。